このサイトは株式会社PROFITが管理・運営するホームページです

■続きはこちらから 税務会計情報ねっ島・TabisLand【http://www.tabisland.ne.jp/profit/index.htm

<< 2009年10月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
中小企業の「資金繰り」の実情2

中小企業の「資金繰り」の実情

予算と決算はワンセット

経営会議の上手な進め方 1分たりとも時間をムダにしない10のルール

整理整頓の仕方 怠け者だからできる方法とは?

整理整頓の仕方 コツは無理をしないこと

人生の半分以上の時間を過ごす職場を快適にすることが儲けにつながる

ビジネスはシンプルが一番

資金繰り改善のための黒字経営計画の必要性

経営会議の企画・運営について

見よ!!経営会議の効果を!!

中長期経営計画の必要性

不況期のビジネスモデル 損益分岐点売上の小さなもの

経営危機と経営判断

赤字会社や店舗には共通点がある!!


バックナンバー

2009.10.29  社長の自宅、一番賢い購入の仕方

会社の経営も軌道に乗り、そろそろ「自宅」を購入したいと思われる社長も少なくありません。そこで「個人」で購入するのか「法人」で購入しようか悩まれるはず。
個人で購入するメリットは、【1】住宅ローン減税が受けられる。【2】返済が35年以上と長く、月々の返済が楽。
一方、法人で購入すると、【1】建物の減価償却費や支払利息が会社の経費となる。【2】会社の社宅として安い賃料で社長が借りられるというメリットの反面、法人の社宅融資の返済が最長でも20年程度と返済期間が短く、月々返済が多くなるデメリットがある。

この両方のメリットを活かす為に、最初は個人で購入し、住宅ローン減税を受け、受け終わったら会社に売却するということも行われているようです。 しかし、中小企業の経営は常に倒産の危機と隣あわせです。経営者は借金の連帯保証人ですから、倒産即自宅の売却という可能性が高いのです。

そこで奥さんも収入がある場合、奥さん名義で自宅を購入しておけばとりあえず自宅は確保できます。その前提は奥さんを会社の連帯保証人にしないことです。 さらに、奥さん名義の会社をつくり、その会社名義で自宅を購入することが一番安全かつ節税効果も高いでしょう。

個人資産の不動産管理・所有会社を奥さん名義でつくり、奥さんを本体の活動と無縁にしておくことが、個人財産の法人所有化であり、一番賢い購入の仕方と言えるでしょう。

2009.10.27  中小企業の「資金繰り」の実情2

企業の経営者、経理担当者は、自社の資金繰りの構造を理解する必要があります。

資金繰りの構造は、大きく3区分できます。

【1】営業収入−営業支出=差引営業収入の範囲で、借入金の返済や設備投資が可能な会社
老舗企業、優良企業に多く、約2割の中小企業がこのような無借金経営をされています。

【2】営業収入−営業支出=差引営業収入の範囲で、借入金の返済や設備投資が不可能な会社
日本の中小企業のほとんどがこのような会社に該当します。黒字決算、減価償却、売掛金回収、在庫圧縮と資金管理、銀行対策等々の財務的な知識と経営の先行管理が要求されます

財務の対策手順として、
(1)借入金の分解をする。
1.旧国金(日本政策金融公庫)融資枠と残高の確認から残融資枠を算定する
2.保証協会付き融資の一般枠と残高の確認と残高の確認から残融資枠を算定する。
3.保証協会付き融資のセフティネットと残高の確認と残高の確認から残融資枠を算定する。
4.銀行プロパー、無担保融資枠と残高から各銀行の残融資枠を算定する。
5.担保不動産の融資枠を確認しておく。

(2)最低2年程度の長期資金繰り表を作成して、各銀行に融資の額、時期をお願いしておくこと。
折り返し融資に応じてもらえない場合、条件変更で元金返済の減額をお願いする。今回の返済猶予法で、営業収支の範囲より借入金の返済額がはるかに多い会社は、返済額の減額に応じてもらいやすくなる可能性がある。

【3】一番問題なのは、営業収入−営業支出=差引営業収入が赤字の会社の場合です。
今回の世界同時不況の中で、赤字解消のメドの立たない会社が急激に増加しています。特に、広告業、求人関係、派遣会社等々き深刻です。
会社の規模の縮小、不採算部門からの撤退、人員縮小等々のリストラを推し進め、1円でもよいから営業収支を黒字化することが必要です。
どうしても無理なら、1日も早く廃業すべきです。赤字の垂れ流しは今以上に関係者に迷惑をかけてしまいます。

将棋の名人は150手先を読み、「投了」するそうです。賢明な経営者は倒産よりも廃業を選びます。

2009.10.22  中小企業の「資金繰り」の実情

月次定例の経営会議に参加していると、中小企業の「資金繰り」の実情が良く分かります。

10月中旬現在、中小企業の「資金繰り」の実情は、亀井金融大臣の言う「銀行の貸し渋り」等何処にも存在していないと思います。 むしろ、昨年10月のリーマンショック以降、保証協会全額保障のセフティネット融資があり、バブル気味の感さえあります。
現在利益が出ている企業は、【1】土地・家賃が安い。【2】いい人材が集まりやすい。【3】募集経費がかからない。【4】仕入原価が安い等々、業績拡大が非常にやりやすくなっています。

それら企業に対して銀行は低利1.8%程度の融資に応じています。 むしろ問題は、バブル崩壊の時よりもはるかに深刻な多くの中小企業の経営実態です。月次決算が毎月赤字で、経営者は返済するメドが立たない借金は怖くてできないのです。
政府が打つべき手は、「銀行の貸し渋り」対策ではなく、景気回復策なのです。ここでは亀井大臣よりはるかに賢明な日本の経営者の姿があります。

2009.10.20  予算と決算はワンセット

中小企業では、月次予算がなかったり月次決算がルーズな会社が目立ちます。
月次決算もせず、試算表が1か月後ではどんぶり勘定そのものです。 会社の規模に関わらず、月次予算を組み、月次決算を行い、予算と実績の差異 分析をすることは経営管理上不可欠です。

そして、この差異を誰がどうやって、いつまでに責任を持って解決するのか、 これを検討し、実行しなければなりません。同時に決算予測を行い、早め早め に対策を打ち出していくことこそ経営者の本来の仕事です。 また、月次決算は一週間以内を目標とすべきでしよう。

予算制度・・経営・業務の基盤ともいうべき「予算」。どんな小さな会社でも 事業計画、月次予算は必要です。予算があると経費の無駄遣いが起こるという 経営者もいますが、本末転倒です。予算の立て方、実行の中身をチェックする ことが経営管理なのです。

月次決算・・目標一週間以内です。可能限り正確なものを作ります。特に仕掛 品・在庫・未成工事支出金の棚卸が重要です。迅速・正確さを追求してくださ い。

経営の先行管理・・決算予測、税額予測、資金予測、差異分析により、会社の 経営状況を手に取るようにつかむこと。

2009.10.15  経営会議の上手な進め方 1分たりとも時間をムダにしない10のルール

1.開始時間の厳守
遅刻者を待たずに会議を強行進行させること。1人の遅刻で会議を遅らせる等もっての他。会議の時間コストは参加者×賃率×時間と高額であることを確認させます。

2.必ず議事録をつくる
議事録をとらない会議はやらない方がましです。
会議での報告、検討・決定事項、先送り事項、次回までの検討事項、各人への宿題等々を簡潔にまとめ、次回の会議に持ち寄ることが会社を成長させます。何も決まらず、だらだらした会議は時間のムダです。

3.時間短縮を可能にするツールの利用
時間短縮を可能にするため、プロジェクター等を使用した可視化した会議にする等ツールを活用します。

4.会議は2時間以内
人間の集中力からして、2時間の会議が限度です。

5.定時・定例化する
10日・第二月曜日・第三木曜日・25日等々定時・定例化することにより、経営会議が会社の日常行動と結びつき、意思決定のシステムが自然とでき上がります。

6.準備資料の定型化
経営会議への定型化した資料があれば、経営陣も視覚がなれ、蓄積されていき理解もしやすいです。
最低でも月次決算書・決算予測・予想、実績資金繰り表・予算、実績差異分析表を理解してもらえれば経営は万全です。

7.ワンマン・脱線会議化を防ぐ
会議が経営者の演説の場と化す場合があります。ワンマン社長のいる会社はその可能性が高いのです。その場合、議事録を取っている人は「社長、その発言の趣旨は・・ですか?」と会議の趣旨に沿って冷静になってもらうことや社外役員等が「社長の発言の趣旨はこういうことですか」と水を差す工夫が必要です。

8.無関心、発言しない人はメンバーからはずす
会議に参加しても何も発言しない、無関心な人は参加メンバーの検討が必要です。会議メンバーをはずしたり、降格、役員解任も検討。お互い時間とお金のムダです。

9.会議資料の事前配布
会議の資料を事前に配布し、意見を求めておくことも会議を内容あるものにするひとつの方法です。

10.会議の流れを標準化する
会議の進行を決めておけばムダが減ります。
 1.経理資料報告  2未収金報告・回収取組  3.今月の検討事項の提案   
赤字の場合の営業増収・原価削減・経費削減検討、黒字の場合の投資・節税対策検討、その他 定期的な賞与決定等です。

2009.10.13  整理整頓の仕方 怠け者だからできる方法とは?

パソコンを使った情報整理ですが、怠け者だから出来る簡単なデータベースを作っています。要領は至って簡単。アウトルック等のメールを使って、自分のデータベースを作ってしまいます。
メールは、送信者・件名・時間等々が受信トレイで表示されているはずです。
コツは件名です。件名に●●さんの電話番号等とつけておけば、いちいち住所録を開かずとも、検索で●●さんの電話番号で、そのメールが瞬時に見つけられ、電話番号が分かります。
この方がいちいちデータベースの住所録を開き電話番号を探すよりはるかに早いのです。このように 取引先名 ◎◎資料等と記載しておき、自分宛に議事録や資料のファイルを添付して送っておけば、取引先名を検索すれば、取引先の情報が瞬時にヒットします。
メールはアットランダムに件名を詳細に記入しておけば、一番速くて、簡単で、かつ自分だけのデータベースを作ることが自然にできます。
一番ムダなことの一つは、自分の仕事に役に立たない「上司や社長への報告業務」です。自分の仕事に役立つこと、お客さんに役立つことをすることが、結果して上司や社長の報告になるような仕組みを作ることです。それはお客様への報告等をメ−ルで送信する時、社内にもCC等で配信することです。ムダな上司の報告等必要がなくなります。

2009.10.8  整理整頓の仕方 コツは無理をしないこと

いい仕事をするのに整理整頓はかかせません。

書類の整理整頓のコツは、無理をしないこと、自然に進めることです。 どういう意味でしょうか?

まず書類は、最初は何も考えずに来た順番に必要な書類だけ(1回目の破棄)をクリアファイルや袋に保管することです。各人の量に応じてクリアファイルや袋に日付を入れておきます。書類が多い人は、1日分等。
机の上にクリアファィルか袋を立てかけておきます。これなら誰でもできます。

そして毎日でも1週間でもかまいませんが、必要なものと不必要なものとを仕分けし、不必要なものを破棄します。(2回目の破棄)。次に毎月1回、机に立てかけてあるファイルや袋で1か月間見なかったものは破棄(3回目の破棄)します。そして3回の振いにかけられた書類で残ったものを保存ファイリングするかスキャナーで電子ファイル保存します。 ここで大事なことは整理整頓とぱ「不必要なものは廃棄する」ことなのです。1か月間も見なかった、見る必要のなかった書類等は不必要、廃棄すればいいのです。心配症な人、もし必要だったらどうしようという人はどしどしデシダル化して保存しておけばいいでしょう。

最初からきちんと整理整頓しようとする人がいますが、それも間違っています。忙しい時もあるので、最初はただ何も考えずにアットランダムに保存することなのです。そして手が空いた時に、ちょっと整理することです。それを時間軸で整理していくと大変ではありません。

また、書類は絶対に上へ重ねていかないことです。上へ重ねると下の書類は当り前ですが見えません。ずっと下の書類は永遠に眠ったままです。書類はファィルや袋での縦置きが原則です。
昔、高名な先生の事務所に伺ったことがありました。しかし、働く皆さんの机の上下を見て、愕然とした思い出があります。小さな机に他人の書類がトランプのように重なり合って積み上げられ、机の下はお客さんから預かった書類がダンボ−ル箱に入れられ積み上げられていました。
汚い調理室の料理がおいしい訳もないように、汚い事務所の仕事の質が高い訳がありません。 第一、書類を捜すだけで大変で能率が悪くなり、第二に、仕事を間違います。そした第三に、働いている人たちの心が荒みます。後で聞いた話では、その事務所は毎年大量の退職者、入れ替わりで有名だそうです。

2009.10.6  人生の半分以上の時間を過ごす職場を快適にすることが儲けにつながる

「あなたは今の職場に満足していますか?」

ほとんどの方が「会社の人間関係」「給与」等を思い浮かべると思います。
当然快適と言えば、まず人間関係の風通しのよさであることは言うまでもありません。 しかし、今の労働環境が、自分の能力を十分に発揮できる環境になっているかも重要なファクターです。スペ−ス、空調、照明、情報ツール、パソコン環境等も職場環境の重要な要素です。

職場の環境をちょっと見てください。
以下のような項目にあてはまることはありませんか?

[1]机の上下、左右に書類等が放置されている。
[2]プリンターやファックス、コピー機の上に誰かの紙が残っている。
[3]隣の席の人の書類や私物が侵犯してくる。
[4]できれば職場を家族に見せたくない。
[5]使いたい資料等が探し出すのが大変である。
[6]パソコンをネットワークで使用していない。
[7]各自の机の上が乱雑で片付いていない。

どうでしょうか?
以前テレビで、片付け上手な主婦と片付け下手な主婦の料理についての番組を見ました。
片付け上手の主婦は、どこに材料、調味料等があるのか良く分かり、下ごしらえもよく、手際よく、おいしい料理ができ上がりました。他方、片付け下手な主婦の料理は、準備も悪く、調味料や材料が時間どおり用意できず、まずい料理しか作れませんでした。

実は仕事も同じことが言えます。いい仕事ができるかどうかは、実際の作業ではなく、準備、下ごしらえがちゃんとできているかどうかが一番重要なのです。 いい仕事は整理整頓から始まると言っても過言ではありません。

2009.10.1  ビジネスはシンプルが一番

世の中には、自分のアイデアや商品が優れていると思い込んでいる人は結構多いようです。
「先生、このビジネスはすごいですよ。どうですか」等々。

そんなとき、私の場合、簡単に理解できない話は100%だめです。
飲食・小売・卸・建設・医療等々世の中には色々な商売がありますが一番難しいのは、売り方とお金の回収の仕方です。いくら優れたサービスや商品にしろ、売り方とお金の回収が面倒なものはヒジネスになりません。

特別変わった消費者は別にして、一般消費者は、単純に、品物やサ−ビスと引き換えに支払うことが当たり前と思っています。当然売る方も、品物と引き換えの現金商売が一番単純で簡単です。 各種コンタテンツビジネスも課金システムによって大分シンプルになり普及したのだと思います。サービス、コンテンツビジネスの成功の鍵は、売り方とお金の回収の仕方をまず考えることです。いくら画期的なサービスやコンテンツであっても、普及のカギは売り方であり、お金の回収の仕方にあると思います。体験版、セミナー、実地体験等、顧客の理解、知ってもらうことを考えることが大事なのです。

株式会社 プロフィット
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-5-3エルグビル2F 
TEL:03-3989-6868(代表)FAX:03-3980-2996
E-mail:info@profit21.co.jp URL:http://www.profit21.co.jp/
Copyright (C)PROFIT all rights reserved